Maroyaka Magazine
         

■このページの短縮URL
http://tinyurl.com/y6nynnr2

MYったー(日記)


2019/06/25

珍しく私にしては調子よくものごとをこなしているのだが、調子こいて余計な買い物をしてしまった。最初は、世界堂でステッドラーのルモグラフ(カーボンの濃い方)という鉛筆を手に取ったのがきっかけで、ビックリするほど黒く書けるので、これはコピー本に最適では、と店頭で6Bを買ったまではよかった。が、現品を見ず2Bを追加してみたのはやはり失敗。少し薄い。それでも通常の2Bより濃くて硬いのだから大したものなのだが、最近は少額文房具の衝動買いを控えられていたのに、またやっちまった感。せめて4Bを試してからにすればよかった。

これに加えて同じシリーズの水彩鉛筆もセットで注文してしまっているのだが、このタイミングで以前使っていた簡易万年筆と新しい筆ペンの組み合わせがいい感じなのが発覚して、実際はそっちばっかり使うことになったら、と嫌な予感がする。

とはいえ、今週はホルモンの関係上、外出等は控えめでお休みがちになるだろうから、休みつつ存分に楽しくお絵かきして憂鬱も吹き飛ばそう。


2019/06/19

午前中に買い物など済ませ、昼ごはんも作って一休み。いつもより早く起きた上にお腹が重くて体がグダる。
「集中」というアプリの力をかりてみたら、眠気をやりすごして家事と今後の予定をこなせた。名に反してユルくて使いやすい。ちなみにお昼のリゾット、簡単でなかなか美味しかった。
こういうアホっぽい加工楽しい。
夕飯と一緒にどろろを見るが、急に畳みに来て感動話っぽくしようとしてもムダだよな…。もう最後まで見るけど、なんか全然心が動かなくて逆にすごい。

2019/06/15

雨。あと3日でコミティアの締め切りなので、それをきっかけに色々今後の計画を立てようと思っていたのだけど、久しぶりにお外でバイトしたり、そんなときに睡眠リズムを変えようとして失敗してまた体調を崩したりと、あまり時間が作れなかった。が、自分の行動を縛っているものの正体が分かってきたので、少し生活を変えていけるかもしれないような気がしている。いいタイミングで理学療法があったので疲れもだいぶ取れるかと思う。
生活を変えるといえば、最近、夫と引っ越しの話題が良く出る。税金が高いことを先日実感したこともあるが、たまたま賃貸情報で今の住居を調べたら隣室が自分の部屋より2万近く高くなっていて、数年動かなかった間に相場の変化があったことを実感したこともある。引っ越すのであればゴチャゴチャしたモノをきちんと整理する機会になるだろうし、もろもろのリセット願望がムクつきだしておる。
それにしても世の中の動きというか流行りについていけてないなあ。そういうものを見て行動を決めようとウロウロしていると、かえって遅れていくしロクなものができない確信もある。できることからコツコツと。さて、時代遅れの紙のノートで、状況整理をしていきますか。

2019/06/12

一昨日の角煮を煮込みうどんにした。
税金取り立てで節約を迫られて、自炊の習慣がついた。一人暮らしのときもやっていたが、それより更にレベル下げてもいいんだと、とにかく出来合いに逃げずに自炊すりゃ勝利という結論に達したら、えらい作りやすくなった。だんなの分は別メニューだったり、下手すりゃ作れないのだが、とりあえず形を無視してでもやる量を増やせばいいわけで。このやり方はなんにでも適用できそうだから、仕事や趣味にも生かしていこうと思う所存。
あと、ホルモンのサイクルを見て、体力ややる気が落ちそうになる前に予備のぶんをやっておくと後ですごく助かる。良い意味で妥協して勝負どきを逃さないようにしたい。

2019/06/11
どろろ22話観た。
やっと勢いついてきた!という雰囲気だが、もう最終話間際なんだよな。このナニセルクかナニネの錬金術師かのような等価交換システムが後半のキモだというのなら、それを過去回で早く予感させてくれればもっとワクワクしたのにと思う。
今はツイッターとかで予想がうるさいから、なるべく視聴者に予想させないよう、伏線を感じさせないようにしてるんだろうか。取ってつけた設定でハイ盛り上がってくださいと言われてる気分。鬼神を便利に解釈しすぎてるのにも拍車がかかっとる。
そして陸奥も兵庫も要らなかったんじゃないか。多宝丸が人間やめるトリガーにしかなってない、多宝丸も優しい性格を殺して自らを奮い立たせてるのはわかるんだけど、基本的に兄貴は悪、という発想なので、この姉弟が瀕死にならなくても対決はしたと思う。
もとはカーチャンに愛されなかった描写を強調するためのモブ1.2かと思ってたら、ばんばん前に出てきて、逆に彼らのおかげで孤独感薄らいだ感じあるし、なんなのだこのオリキャラズは。
誰も誰かを救えない、というような斜に構えた体で、どろろだけは妙に綺麗な扱いだから結局こども(少女)の純粋さに救いを見出してるのではないか、幼女萌えが結論なのだとしたら、かなり寒いと思うが、さてどうなっていくのか。

2019/06/08
このところ二次絵をよく描いていたのだが、ipadを使うせいで姿勢がひどく悪かったことに気付いた。しかもSNSにアップロードしたあと、流れでサーチしたりしてずっと画面を見てるから、ものすごく目が疲れる。昨日(土曜日)はさすがに疲れに体が耐え切れず昼過ぎまでずっと寝て、全然外に出ず、電子機器も触らなかったが、それが幸いしてか数日悩んでいた頭痛が治った。そういえば近所の解体工事からも重機が撤退して静かになったし、タイミングは重なるものだなあ。歯痛もほとんど治ってきている。今日は疲れているとやれないこと――、メールの返信とか来週の予定を立てるとか、ささやかなことをやっておいた。それでも家事に回す余力が出たりするし、休養は大事だなあと実感。今月からは、ちゃんと机に向かい、スプリングのある椅子に腰かけて作業することを心がけよう。なんであれ、やっぱり机に向かうと捗るものだ。**「ばんもん」のあたりから見なくなっていた「どろろ」を追いかけ視聴したのだが、露悪的なセンスがどうもが鼻につく。不知火と三郎太がグロ描写消化要員として使われているようでしょっぱい。どう着地するかどうかは気になるが、あんまり楽しみではない。

2019/06/03
相変わらず近所の工事がうるさいが、ベッドの位置を改善したおかげでわかりやすい肩凝り頭痛からは解放された。どうもベッドと壁の間に隙間ができていて、そこに体が落ち込んでいた様子。数日比でよく寝られはしたものの、体は怠く、ストレッチは遅刻した。柔軟性は元から全然ないが飛んだり跳ねたりはまだイケると思っているのだが、今日は下半身が重くて全く持ち上がらない。柔軟性はあるけど、体力がなくなったと嘆く年配の人の気持ちがちょっとわかった気がする。家でも復習をかねてストレッチしないとなあ。関節が治ってきてる分、筋が伸びないのが目立ってきてる感じ…。

・先月の日記はこちら
       

  • ギャラリー
  • パンダのモフモフとは
  • 「月経カップ」の漫画
  • 宝塚歌劇作品感想
  •      

    カテゴリー

  • 未分類 (1)
  • 漫画 (25)
  • 短編 (4)
  • 絵物語 (6)
  • Latest posts