instax20のレンズキャップを作る(2)

「おうちにあるものでなんとかした」レンズキャップ。

大変使える子で、早速持ち歩いているのですが、表面が簡素すぎるので、なんかシール貼ろうと考えていました。

 

…が、また家にあるものでなんとかしました。

ウィリアム・モリス柄のマスキングテープ

幅広いやつなんですが、さすがにキャップ一面覆い尽くせるほど大きくはなかったので、柄の近いところで貼り合わせ。

でもパッと見、全然痕跡残らず❗️素晴らしい♫

フィギュアのおうちを作ろうかなーと思ってた頃に買ったマステで、こういう「いつか使うつもりのアイテム」がうちにはゴロゴロしてるんですが、取っておいてよかった〜

大人可愛いというやつかな。地味目で、本体のベージュ色をあんまり壊さないのも良かったです。

これにする前は、お手製シールでいこうと思ってました。普通のシールだと表面がテカるので、普通紙に印刷した柄をサイズ測ってシール化して…とか。

でもマステでよかったのね(笑)

「マイカメラ」になった感じがする❗️

嬉しいなぁ〜

ただ、斜めから見ると手作り感が増して、オカンアー…げふんげふん、トイレカバー…?

やや柔らか過ぎてケースの質感から浮くような。もともともう少しビビッドな色合いで北欧っぽさを狙ってたのですか、少しカントリーすぎますかね。

でもしばらくはコレで行こう〜

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.