instax20のレンズキャップを作る(1)

instaxとは富士フイルムの「チェキ」系インスタントカメラのシリーズ名で、20はフィルムを真四角に改めたデジカメバージョンの2代目である。

メーカーがけっこう気合を入れて開発しているのはわかるのだが、アクセサリーがほとんど売ってなく、一時期持ち歩いていたのに傷がついたりするのが嫌で最近はあまり持ち歩かなくなった。

そんな折、ツイッターで素敵な情報をゲット!!

「instax20のレンズにハーゲンダッツの蓋がピッタリ」だと!

翌々日くらいにワクワクしながら普段は買わないハーゲンダッツのミニカップを買いましたさ。

しかし…合わなかった。蓋の方がふた回りくらい径が大きい。

どうやら、ミニカップより小さい、アソートタイプがあるらしいが、それを確認するために高いアイスをまた買うのも馬鹿馬鹿しい。

悔しいので家の中で似たような蓋で代わりにできるものがないか探して見つかったのがこれの蓋。

化学調味料不使用のイタリアのブイヨン。

コンソメと同じ感覚で使おうと思ったんだけど、香料強めなのが苦手で、使いきらないうちに賞味期限がきてしまったという…。

この蓋は凹型で缶に嵌めるようにできているのだが、外すとき指をひっかけるための反り返りが表側についているので、逆にこちらをレンズ面に引っかければ簡単に外れないものができそうだ。
もちろん外すとき本体を傷つけては本末転倒。外しやすいようにニッパーで四つ切り込みを入れた。

こんな風に切り込みを入れてから、くぼみに合わせて切り取る。

思った通り、たわみの許容範囲が増えて、しっかりレンズをカバー!さらにドライバーの千枚通しみたいなやつで蓋に穴を開けて、100均のストラップを通した。完璧!!!)

…と思いきや、蓋に余計な刻印が…ただでさえアーミー色なのに。

シールかなんか貼ってごまかすことにしませう。

てもゾンアマで安く買った傷防止用本体ケースともかち合わないし、気分あがりました。これで気楽にまた持ち出せる〜♫

ところでこの正式名称、レンズカバーにレンズキャップ、どっちが正解かわからないんですが、どっちなんでしょうねえ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.