和紙パスケースの飾り

なんちゃってハンドメイドのコーナーです。

先日作った?和紙のパスケースに伸びきったヘアゴムについていた飾りを移植。

かなりくたびれていて、本来のパーツが抜けて枠だけになっていたところを一つ埋めてみた。

こういう状態。

手探りで…とりあえずマスキングテープを表から貼り、裏から薄く速乾ボンドを、枠にはみ出す要領で塗ってみた。

乾くと薄いプラスチックのような膜ができるので、その上にアクリル絵具とスクラップブッキングの糊、「グロッシーアクセンツ」を混ぜて爪楊枝でちょいちょいのっける。

グロッシーアクセンツはレジンほどではないがやや膨らみが出て、カッチカチに固まるので、手作りシールなどにも使われる。

このままではちょいマットなので、1日放置して固まったところに、100均で買った、パール感が出るニュアンスチェンジのマニキュアをのせ、更にグロッシーアクセンツをオン。

まぁ、正直最後にグロッシーアクセンツをのせたせいで、パール感がちょい減ったんですけど。

たぶんレジンがあるなら迷わずレジンを使うべきw

でも、もともと持ってるものを組み合わせて、地味ながら可愛いくできて大満足!

レジンもやってみたいけど、手持ちでなんとかする醍醐味というか残り物で一品作る感じ好きだー(貧乏性?)

うむうむ。

良きかなよきかな。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.