デビュタント(星組)

たまたまスカステで連続バウを見た。

・相続人の肖像
・パルムの僧院
・デビュタント

過去のを連続してみると、バウの位置付けとか、今後の主演が活躍できるかとか、どうしてもそういう舞台の外を考えてしまうなと思った。

単に面白いかどうかって言うだけなら評価のかたい作品の再演でいいんだろうけど、出演者(特に主演)を引き立てるためには専用の新しいお話が欲しいし、しかし新作の出来によっては無難に終わらないのもあって。
なんか色々せめぎあっているなあバウって。

とりあえずこの中ではデビュタントが面白かった。ハードボイルドだよ❕スーツだよ❕とある程度カッコよさが決まっていて見やすいし、笑えた。星蘭さんがめっちゃキャラ立ちしてて、メインヒロインかと思ったら違ってたw
困ったちゃんが恋愛で 成長して変わるかと思ったら違うのね。頼りになるのはきっぷのいい同性の友人って、ある意味リアル。
しどりゅーさんの流れるようなお芝居は気持ちよくて安心感あり。上品で軽やかで優しい。いいやつだ…。
結婚して地道にやってく覚悟もできてるけど、ちょっと壊れ気味の主人公羨ましいっていうあたりが男性の共感を呼びそう。まあ女性でもある程度年齢いってるせいか、私でも染みます(笑)結婚するならしどりゅーさんがやる役で間違いない(何が)。

ときにホットだけど全体的にクールなのが大人の世界。ときどき入る人生を憂うナンバーが軽妙で、生で見たらもっと素敵だったんじゃないかなーと思う。フィナーレのダンスも素敵。

せおっちさんですが、「潜在的に能力が高いけど、具体的になにが凄いということを発揮しないままモテまくる主人公(しかも低体温やれやれ系モラトリアム)」が嫌味なく見られるのはなかなか得難い特性のような気がする。
あとヒロインの妄想として出てくる王子様役が抜群にかっこよかった。正塚先生って「男が憧れる理想の男」を「男装の麗人」で表現させる上に、乙女の夢と融合させるとか、センスが国宝級。リアルスーツものという新境地を開拓したというだけで、殿堂に入れちゃっていいんじゃないですか。私は好き。

しかしこのせおっち、かっこよすぎて微妙に胡散くさいのがまたいい。

食聖でもオペラでしょっちゅう確認してしまったけど、表情にクセがあって、なんかアジがあるんだよなあ。ふふふ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.