Maroyaka Magazine
         

■このページの短縮URL
http://tinyurl.com/y35s89fl

カサノヴァ〜千秋楽は「ゆきちゃん祭」

2019/06/02

宝塚大劇場千秋楽、東京千秋楽ともにライブビューで観ました。
チケット欲しかったんですけど、会入ってないし、余裕のないときに限ってぴあの締め切りとかぶって抽選応募し忘れます。(愛と努力と根性が足りない)

お話は稀代のプレイボーイ・カサノヴァを主役にしてはいるものの「オトナ女子もきゅん★となっちゃうハッピーコメディー☆★」という煽りをつけたくなる感じのオリジナルストーリー。私としては、誰一人はみ出し者のいない優しい世界観は心地よく、大変楽しませていただきました。

一方でこの作品は「トップ娘役退団公演」と「トップスター退団発表」が時期的にぶつかったものであり、脚本家もそのあたりの事情をお話に盛り込んだ上で当て書きしてるようなので、見る側として最初から思い入れが大きく、あまり冷静に作品単品の出来不出来が言えない感じです。

しかし、仮にこの感動の何割かが役者の進退に由来するものだとしても、やはり「カサノヴァ」は楽しく、良い作品だったと思います。
多くの役者に出番があり、それぞれ持ち味が光っているし、下品にならない笑いも、史実を利用した話の展開も物語の結末にちゃんと寄与していて、悪いストレスがほとんどない。奥行きのあるセット(塔、運河、馬車)や音楽(ラップ!)などの使い方も工夫があって、大作ではないけれど愛のつまった作品だった。
個人的には脚本家の生田さんは「ドンジュアン」で観たネタのとっちらかりぶりが微妙だったのですが、今回はネタ厳選して盛り込めてて、やっと真の実力を見せたのでは?と勝手に興奮しました。リトルイケコとして正当進化しつつあるのではないでしょうか。

あとの感想としては……「ゆきちゃん劇場」の無双ぶりが凄かったですね(笑

退団者はいっぱいいたんですけど、本公演をもって退団となる仙名彩世ことゆきちゃんの退団挨拶やショーのネタキャラぶりが爆発w これだけ内輪受けに特化できるのは同じ組での在団年数が長いトップ娘役だからこそでしょうか。

私、タカラヅカは伝統あるショービジネスでありながら「生徒を見守り応援する」という元祖アイドル文化が持つローカル感も魅力である、と最近ようやく理解しつつあるんですよね。それでも、このアットホームというか、ファン向けな退団公演に「ここまでだったとは!」と驚きました。全国でライブビューしていても、生徒の心はあの宝塚に、青春を捧げた学校生活がホームなんだと、その歴史を踏まえた上で楽しんでるのがファンであって、わかんねえ奴は千秋楽に来てないよね!という勢いです。ギャップすごい。

よくも悪くも内輪受けを最大限利用した退団劇に、あまり周辺事情には詳しくないだんなも「仙名さんああいうキャラだったんだ…意外!」と衝撃を受けておりました。まあ退団公演千秋楽に一見さんなんてまずいないだろうし、このお祭感は私は好きでしたが、全く興味ない頃は、「おしとやかなお嬢さんと違う世界で生きてる男役スター」で「神秘のヴェールの向こう側」の皆さんだっただけに…いやあ、タカラヅカって面白いですね…としみじみ感じ入りました。

あと、宝塚千秋楽のみりおさんはいつにも増してフワフワしていたというか、肩の力が抜けた寂しさを漂わせていたと思ったのですが、まさか前日に身内で退団発表していたとは…ですよ。娘役の皆さんが本当に「カサノヴァ大好き!」って感じで絡みにいくんですけど、あれは本心だったわけですよね、泣ける。←ほら、冷静に見られない

追記:
19/7 新人公演の一部をスカステで拝見したんですが、難しい歌揃いだったんですね…
わちゃわちゃ感と派手な衣装が幼い感じに見えて、けっこうびっくりしました。ついついサラリと見てしまいますが、演者の実力あっての「軽いテイスト」が出せていたのだと思いました。