はいからさんが通る(スカステ)

’17年 花組 日本青年館(スカステ収録)

乙女の夢が詰まった作品

正直、私は「はいからさんが通る」の原作にはあんまり思い入れがありません。
しかし、大人になって初めて読んだとき、軽く衝撃を受けたのを覚えています。
「わたしの妄想がマンガになっている…」
…と。

望まない結婚だけど相手が超いい男、とか
一見チャラそうだけど欠点だらけの自分に一途、とか
優男と見せかけて軍人という男らしさもある、とか
思いを通わせた途端、引き裂かれてしまう、とか
それでも自分は一途に彼を愛して、結ばれる、とか…

小中のどっかでやってそうな妄想がてんこ盛り。

いや、先生のマンガと同じ妄想を私がしてた!とかそういう電波じゃないですよw
ただ、「乙女が求める夢」を完璧に具現化してくださっているのが「はいからさんが通る」なんですね。
だから、読んでないのに既視感がある。潜在的な願望がまるでそっくりそのままマンガになっているような不思議な感覚を味わったわけです。

しかし、はいからさんが通るは昔のマンガ…ギャグとかで引っかかるところがあり、乙女に返ってのめりこむほどではありませんでした。作品として面白く、素晴らしい乙女の理想郷ではあるんですが、「少尉がかっこよすぎて眠れない」とか「編集長派か少尉派か議論したい」とか、リアルタイムで乙女だった人たちほどのハマり方はできず。

しかし、舞台は違ったね!

主演・柚香光さんの少尉が乙女キリングマシーン

「はいからさん」に関しては特に、ビジュアルモンスターとか色々な名前で凄さを讃えられる柚香光さんw
無理もない。かっこよすぎるのでどう形容していいかわからない。勢い、人外であるかのような表現になってしまう。まあマンガのキャラを再現できるような人を通常の言葉で表現するのは難しいものがあります。

ビジュアルもさりながら、演技がすごく良かったです。
低く優しい声、飄々とした明るい性格ながら、他人からの優しさを諦めている孤独さも垣間見える。実は甘えたっぽいところが余裕ぶっこいた風情にちらりと覗くんですよ、どうかしている、殺す気か。
特に「あっはっははは」という笑い方がまさに少尉・ザ・イケメン。

この人、カジュアルな演技が良いですよね。最初の出会いシーンで自転車がクラッシュするところ、本当にドン引きって表情してるんですよね。そういう下手するとカッコよさを損ねそうな演技がナチュラルなおかげで、他のシーンが引き立つというか。「祖母の初恋を実らせるために結婚する」という年頃の男子としてはあり得なさそうな動機も、生い立ちでホロリとさせといて「結婚してから愛し合えばいい」というイヤラシげなセリフwでなんか納得させてしまうというか(笑)
あと忘れちゃいけない、軍服と敬礼の仕方もキマっており、色男からのギャップがたまりません。

いや~、世の中さまざまなイケメンが生まれておりますが、古き良き少女漫画の美男子の再現度はさすが宝塚。
決してヒロインを脅かさないジェントルさを持ちながら、勇敢さもあって。
まあ、ストーリーよく見ると割とヘタレなんですけどね。優柔不断なところもあるし。
ただ、この舞台に関してはラリサのシーンも少ないのでそこまで気にならず。

紅緒役の華さんは「やりすぎでは?」と思うところがあった(表情とか)けど、実際に原作でもああいう酷いところがある(笑)ヒロインなので、しょうがないかな。私は、紅緒の酒乱とかはギャグ演出の一環で、正直、舞台で忠実に再現するべきポイントではないと思っていたのだけれど……うむ、これが解釈の相違というやつか。

ただ、ソファのシーンもそうだけど、前半は本当に少尉が嫌そうに見えて…(笑)その直後のソロで「あ、いちおう心惹かれているのね」と安心したくらいだったので、ちょっと崩しすぎなきらいはやはりあったかもしれない。

英真さんの御前が、頭の硬いジジイだけどそれをめっちゃ可愛く仕上げていて「専科ってすごい」と改めて実感。
まいてぃはカッコいいんだけど、筋肉質なせいか、肩がつまって見えるというか、運動量の割に大きい動きに見えないのが謎だ。うーん、ちなつさんと並ぶとダンスシーンにキャリアの差が出る感じ。

ちなつさんは原作再現度が低いと言う人もいるそうで…わからないでもないが、開き直った演技が多い中、耽美な少女漫画の雰囲気は一人で担っていたと思うぞ。下手な若手だと舞台が引き締まらなかったのではと思う。女アレルギーのコミカルなシーンがうまく、笑ったw
劇団一押し?の聖乃さんの蘭丸は、ちゃんと男が女装してる感があって大正解。メイド姿のやりすぎ感がイイヨイイヨー。「あのひと変態だよ!」の言い方が面白くて、やっぱ演技力あるのかなと。

たそさんは振り切ってたなあ…。言うことねえやw あ、すみれ組がイケメンで先が楽しみ感すごいです。

・・・などと、キャラクターと演者について語ってしまいがちですが、けっこう舞台や音楽もよかったです。歌謡曲風だったり、矢絣のステンドグラス風だったり、好きな人にはたまらない。そういう萌えの濃い内容でした。

テーマソングは特に、「うまいことやったな」て感じ。どうしてもアニメの「ハイ、ハイ、ハイ!」のイメージが強いのを逆手にとりましたね。リズミカルなところは同じだけど、強調するパートは「ハイカラさん」の方ではなく「通る」に置く。全然違う曲なのに「あ、ハイカラさんの曲だ」と思わせる手腕、さすがです。

もう少し長く脚本を書き直して、大劇場でゴージャスに再演されたらいいんじゃないかなあ。